来週からエクストアカデミーの「コピーライティング講座」が始まります。

今日は一日、カリキュラム作りを行いました。

その関係で、ここの所、広告にまつわる本を読み漁っていますが、企画発想のプロも、コピーライティングのプロも、デザインのプロもまったく同じ事を言っていることに気付きます。

講座のネタバレになるので深くは書けませんwww。

が、ひとつ上げるとすれば、

「一定レベルを超えるものを安定して作れてこそプロ」

という言葉です。

ごく当たり前の事ですが、それを実現するための方法について、突き詰めて考え、実行している人はそう多くはありません。

一流と呼ばれる人はここに気付き、それを実践しています。

そしてその方法は、分野は違えどほとんど同じ手法に辿り着いています。

プロのクリエイターと呼ばれるために、どう考え、どう実行するか?

それを身に付けるのが「コピーライティング講座」の目的になります。

そして経営者もクリエイターです。

プロの経営者、経営の専門家として、恥じない存在になる必要が、それを目指す責務があります。

会社は発想以上に成長しない。そして、発想は知識(言葉)以上に膨らむ事は無い。

だからこそ学ばなければならないと思います。

プロの世界に「無知の知」など存在しないのです。



——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在29冊。

「最新約 コピーバイブル」宣伝会議

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − seventeen =