今日は、N建販のNさまのご紹介でDTPデザイナーの方と面談を行いました。
紙媒体に特化しているようで、WEBについてはあまり知識が無いとの事で、今後、WEBのご要望があれば紹介を頂ける事になりました。
これからはクロスメディアの時代。WEBや紙媒体、その他メディアと連携を取りながら、プロモーションやブランディングを行っていかなければいけません。
こうしたネットワークの構築は非常に大切ですね。
その後、横浜から来られたN社長と打ち合わせ。具体的な仕事の話ではないですが、お互いの近況を報告しあい、交友を深めさせて頂きました。
N社長は、現在、不動産の再生事業を手がけようとしています。
詳しい仕組みはここでは書けませんが、かなり儲かる仕組みを構築しておられます。
その事業の母体となる会社を私も良く知っているのですが、とにかく合理的です。
「やってみなわからん!やったことしか残らん!」
「挑戦する勇気を持て!」
「経営はP/L(損益計算書)ではなくBS(貸借対照表)だ!」
「社内では、作業は一切行わない!」
「強い会社を作りたいなら税金の川を渡れ!」
などなど、創業者であるK会長は強い信念を持って会社を育ててこられました。
その結果が、一人当たりの経常利益1000万円です。
圧倒的に儲かる仕組みを作った会社の共通項は「理念の浸透によるカルト的な社風」を持っている事だと思います。
カルト的な社風とは、統一された思想の元に生まれた企業文化。
これを育てる為には、トップ自らがそれを体現して行かなければなりません。
まだまだ修行です。頑張ります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =