今日は受注案件の打ち合わせ2件。夕方から異業種交流会の理事会に出席した。異業種交流会では、本年度の会議と共に次年度の会議が行われる。来年一年間の勉強会のスケジュールも決まり、細かな打ち合わせを行っている所だ。
経営でも日常業務でも大切な事は「先手先手」の考え方。常に「明日の仕事、明後日の仕事、1ヵ月後の仕事、1年後の仕事」という先の業務を行っていかなければならないという事だ。よく仕事に追われるという表現を使うが、やらなければいけない事が次々に起こり、慌てふためく。そう、夏休みの宿題を登校の前日にやっつけるあれだ。これではいい仕事は出来ない。
仕事の出来る人は何時も自分の時間を持っている。これは先手先手で仕事をこなしていく為、常に余裕のある状態を維持する事が出来る。この事で、一つの物事を熟孝する事が出来るのだ。
これを自分に当てはめて見ると・・・。日々、業務に追われている。どんどん思考の幅が小さくなるのがわかる。どこかでこの循環を断ち切らなければならない。
最近、社内でも小さなミスが続発。経営者にとって、社内は自分の鏡です。まずは自分から襟を正さなければと感じた一日でした。


コメント&トラックバック

  1. KaZ Reply

    あ、そっか。いっぱいいっぱいだから頭が回らないだけかw
    ちょっと楽になりましたwありがとうです♪

  2. 運送業M社長 Reply

    私も異業種交流会の理事会に参加させていただきました。理事会は21時に修了して私は帰宅しましたが、高畑社長からの着信履歴がAM1:30あったことから、執行部の皆様は大変遅くまで打合せをなされていたのですね…(T T)お疲れ様です。
    ちなみに、私は35歳になっても、夏休みの宿題を登校の前日にやっつけるタイプです。

  3. extkinya Reply

    KaZさん、まいど!お役に立てて光栄ですわwww。
    運送会社M社長!昨日は鍍金業界の社長と熱いトークに花が咲きましたよwww。これだけ書き込みされるんでしたらブログ書いてみてはいかがですか!!絶対おもしろいはず!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − one =