今朝のニュース速報をみていると、イチロー選手が4打数4安打でシーズン通算197安打。10年連続200本安打の大記録まで残り12試合で3本に迫ったという記事が飛び込んできた。

イチロー選手の大記録の要因は、その精神力や動体視力、技術、内野安打を量産する脚力などなど、様々なものが挙げられているが、私が思う大きな要因は「ケガをしないこと」にあると考えている。

2時間のアップを毎日絶対に欠かさず、入念に行うという話は有名だが、同じルーチンを愚直にやり続ける姿勢は、スポーツ選手のみならず、ビジネスパーソンにとっても大切なものだと思います。

そうした姿勢が、日々のプレーを確実なものにし、10年間、自身のパフォーマンスを保ち続けてこれた要因なのではないでしょうか。

それに引き換え私はといえば、風呂場でかがんだ「だけ」で腰痛を発症し整骨院にいく始末(笑)。ちなみにイチローとは同学年という笑えない現実に打ちひしがれてますorz

今日の本題は、「思考にもケガはあるのか?」。

近年のビジネスパーソンは、知的労働が主流になってきています。たとえ作業現場であっても、道具や機械の発達や生産性向上という至上命題の前に、知的生産を余儀なくされています。

成果をあげるためには思考力を活用しなければならないという環境の中で、常に自分のパフォーマンスを発揮する必要に迫られているのです。

スポーツ選手の場合、ケガは選手生命に関わる重大な関心ごとではありますが、思考にもケガのようなものが存在するものだろうか?

私はあると考えます。

例えば、何かに執着するあまり正しい判断ができなくなったり、上手く行かないことが続き自分を信じられなくなったり、人に裏切られて人を信じられなくなったりと、自分の思考を妨げる要因は山のように存在しています。

それ以外にも、後先考えずに飲みすぎたり、食べすぎたり、遊びすぎたりして、翌日に思考が止まったりする身から出たサビ型のケガもあるだろう。

いずれにしても、思考を妨げる要因、思考のケガはあると思うのです。

これらのケガを出来る限り未然に防ぐためには、イチローのような日々の準備みたいなものをルーチン化し、継続する必要がある。

その継続こそがいずれ「信じるに足る自分」を創りあげてくれるのだ。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————


コメント&トラックバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + 5 =