仕事の品質を計る指標のひとつとして「早さ」と「正確さ」がある。

この二つが人より優れていれば、「仕事が出来る人」という評価を
得ることが出来るだろう。

仕事を進める上で、「納期・コスト・品質」の3つのバランスを取る
ことは至上命題。

仕事を早く、正確に進めることが出来る人は、この3つを人より
上手くクリアすることが出来るのだ。


こうして人を見てみると、大きく2つのタイプに分かれることが解る。

「スピード重視派」と「クオリティ重視派」がそれだ。

概ね、販売やサービスに関わる人は「スピード重視派」、技術職に
関わる人は「クオリティ重視派」が多いと見受けられる。

そもそも、多くの人と関わるのが好き、物作りが好きなど個人的な
感覚で仕事を選ぶのだから職種間で志向が異なるのは当然である。


よく聞く話は、営業サイドと開発・製造サイドが衝突するというもの。

営業パーソンは、クロージングが最重要課題。ここというチャンスを
逃して、売上を上げ損ねた経験は誰しもにあり、それを回避する為
には、素早く決定を促していく必要がある。そのために、少々無理
をしても受注の確約を取ろうとする気持ちも解る。

対して、開発、製造は、与えられた納期の中で、いかに不良品を
出さず納品するかが最重要課題。営業パーソンが無理な納期や
コストで受注してきたら、「しわ寄せはこっちかい!」と言いたくなる
気持ちも解る。

いずれも、その立場から見れば正論であり、両者の穴を埋める
方法は、視点をスイッチし部分最適から全体最適の判断基準を
明確にするしかない。


早さと正確さ。

仕事が出来る人を目指す上で、自分なりに分析して見てはどうだ
ろうか?

—————————————————–
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =