今日は飲食店チェーンのWEBサイトリニューアルの商談にお伺いしました。2つのプランをご提案しましたが、最終的に折衷案にて再度企画を提出する事となりました。
夜は、理念と経営勉強会に参加。総勢10名で様々なテーマで討議を行いました。その中で、ビジョンと経営目的の違いについての話が出ました。エクストでは5年ビジョンの中で株式上場を掲げており、経営目的は「世の中にない新しい価値を創造する」と定義しています。経営をする中では、理念、ビジョン、目的、使命、社是、社訓など、様々な言葉が存在します。やはり各社でこれらの事について、その意味を定義しなければただの言葉の羅列に終わってしまうんでしょうね。
また理念の話では「理念で飯は食えない」という話が出ました。つまりは、理想を掲げても今日の飯は食えないと言う事を言っているのだと思います。これについては私の中で明確に答えがあります。
理念で飯は食えない。でも、理念が浸透すれば必ず事業は良い方向に進むと言う事です。多くの企業では、理念に創業の思いや事業に対する姿勢、決意、態度などの理想や考え方などを掲げています。健全な価値観から生まれたものならば、それに近づくことによって会社は少しずつ良くなります。やはり、「サービスが先、利益は後」と言う事なんだと思います。
いい勉強会が出来たと思います。感謝!


コメント&トラックバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 5 =