今日は東京出張2日目。リニュアルさまが持っているオーダーメイドキッチンメーカーであるデザインファクトリーの経営者会議にてIT講習をさせて頂きました。参加者は全国から集まられたデザインファクトリーの加盟店の経営者、幹部の皆様でした。
私の講習はさておき、その後、船井総研坂本さんの講演を聞かせて頂きました。しっかりとしたデータと経験に基づき、マーケットと会社の関係、経営者のあり方をわかりやすく説明して頂きました。
聞いているうちに自分の考えている事が間違っていないなと再確認する事が出来ました。しかし、自分の中で体系化できていない部分を、しっかりとまとめられていて、さすがのスキルの高さに脱帽でしたwww。
講習終了後、懇親会にお邪魔しましたが、リニュアルの西脇会長と同席になり、経営についてじっくり本気で語り合うことが出来ました。
テーブルのメンバーで「社長とは?」というテーマについて意見交換をしましたが、本当に千差万別で、皆、それぞれに自分の答えをもっていました。正解がないからこそ自分なりの答えが必要だと思いますが、こういう時間は本当に貴重ですね。
私は、社長とは個人の会社を社会に返す事だと思っています。どこまでいっても企業は公器です。社会に認められない限り、生き残ることは出来ません。その為には、会社を社会の求める方向に常に変化させなければならないのです。
そしてもう一つは、自分より能力の高い人財と共に働く事。企業の成長は人財の成長と比例しなければならない訳で、経営者一人では何も出来ません。そして、自分以上の人間力を持った人々と協働できる事は何にもまして必要な条件だと思うのです。
あと、奈良屋建設の伊藤社長は熱くてめちゃおもしろい人でしたwww。年齢も私と一つ違いで、人間味あふれる方です。また飲みたいですね!
何はともあれ、非常に密度の濃い一日でした。感謝。


コメント&トラックバック

  1. extkinya Reply

    先日はありがとうございました!本当に良い体験が出来ました。
    喜んでご一緒します!楽しみにしております!
    大阪にお立ちよりの際はぜひお声がけ下さい!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =