いよいよ12月。一年って本当に早いものですね。昨年の12月はエクストが設立されて丁度4ヶ月が経過し、何とか年が越せるな~っと胸を撫で下ろしていたのを覚えています。その頃からしますと、人数も売上も2倍に成長している。我ながらすごい事だと思います。
今日は朝から幹部会議。予算状況と方針の進捗、現状の重要事項の協議を行いました。主な協議内容は、開発効率を高めるために下半期(エクストは7月決算。)から組織を大幅に変更したいという要望とそれに伴う人員の補強だ。受注が順調に進んでいる中で、開発の現場はテンヤワンヤしている。これを改善しなければ、開発スピードの鈍化、クオリティーの低下など、エクストの屋台骨を揺るがす事態になりかねない。
これらの問題を引き起こしているのは、複数案件を並行させる中で、納期の短い案件が間に挟まり、他の案件に影響を与えてしまったり、担当者間のスキルの差、社内のコミュニケーション不足など、様々な事柄が影響している。
今回は、デザイン部のチーフである百田を軸にマネジメント力を強化していく組織体制に改革をする。しかし、仕組みを作っただけで会社は変わらない。これらの改革を成功させる為には人財のスキルアップは必須項目だ。特にマネージャーの教育は最大の課題と言える。しっかり考えなければ。
それと自分自身のポジションも次年度から変更する予定だ。現在は、ほとんどの案件の受注に携わっているが、全て部下に委譲していく予定だ。経営者として、もっと大きな枠組みで事業を進めて行く為のステップと考えている。
ただ、本当に大切なのはお客様の視点だ。
内部に目を奪われ、顧客思考を失ってはいけない。気を付けなければ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − six =