今日は朝から小売会社の経営方針発表会。午後からエクストの新卒採用検討会議。夜は異業種交流会の理事会とバタバタとした一日でした。
小売会社の次年度の方針は「集中特化」。得意分野に特化し、苦手分野、無駄なものを大胆にそぎ落とし、資源を集中させます。方針を考えるとき、もっとも重点を置いたのは「シンプル発想」です。何が求められているのか?それを最短距離で提供するにはどうしたらいいか?遠回りしましたが、方向性が定まった感じがします。
エクストの新卒採用検討会では、当日の流れや選考の基準、採用に際して大切な考え方などを話し合いました。今回採用に関わる9名のメンバーで意見を出し合いましたが、玉城からなかなか良い提案が上がったり、どんどん充実していくのがわかります。
私が冒頭にお話させて頂いた事は「この採用活動が一人一人の人生を預かる活動である事」です。入社するしないに関わらず、エクストの会社説明会に来た時点で、就職活動生は様々な体験をする事になります。その体験のひとつひとつを作り出すのは、受け入れる我々なのです。決して浮ついた気持ちではいられないのです。
今日一日の中で感じたことは、「経営がますます高度化している」と言う事です。中小企業において、インターネットを含むITは、今まで戦術レベルでしか捕らえられていませんでした。しかし、最近では戦略レベルで考えなければならなくなりました。これはWEB2.0の概念が本格化し、プロモーションのレベルが一気に上がった事が上げられます。
これらはWEBサイトによるネット広告からWEBサイトを利用したサービス提供の時代へ、そして採用や情報共有などの社内リソースの充実も、WEBサイトを利用した外部リソースの活用の時代に入っていると思うのです。
まさにやる気と行動力だけでは成功しない時代になったと言えます。しかし、経営の本質は何一つ変わっていません。むしろ簡素化がより重要になっていると思います。こんな時代だからこそ本質を極めるシンプル発想が重要なんですね。
まだまだ勉強です。頑張らねば!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + nineteen =