京都の異業種交流会の件で、運営者の方が挨拶に来られた。

同志社大学在学中に起業され、現在23才。

話していても、しっかりしているT社長は本業の傍ら、社会起業家
を支援する活動を並行して行っている。

私が起業したのも23才ですが、当時を振り返ってみても随分と違う
ものだと感心します。


私の創業の経緯はと言えば、今日の飯を食うためと父親のリベンジ
の2つだったが、このT社長は社会の問題に対して真正面から取り
組んでいて、今の私くらいの年にはどうなっているのかとても楽しみ
です。


創業の経緯は十人十色、様々あると思いますが、大切なものは
経緯ではなく想いだと感じます。

創業の時に感じた高揚感や不安、期待といった感情が、やがて
訪れる苦労や逆境を乗り越えるための礎となるものです。


同じように、時期も関係ありません。

早くしようが、遅くしようが、結果に大きな影響を与えることは
ありません。

カーネルサンダースが、ケンタッキーフライドチキンのビジネスを
編み出したのは60歳を超えてからです。


未来に影響を与えるのは、今の意思決定であり、今の行動です。

過去が、今の支えになるには、結局、今を思いっきり生きるしか
ありません。


ということで、今から会議に全力投球です。


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fifteen =