今日は営業研修の2日目でした。それが18時に終わり、そのまま異業種交流会の勉強会に。
今日の研修では、営業活動に関する重要度(リサーチとプラン、アプローチ、クロージング、アフターサービス)についての研修が行われた。研修を受講される皆様がそれぞれに順位を設定し、激論を交わしていた。おもしろかったのは、同じ会社のメンバーでもぜんぜんその順位が違っていた事だ。やはり、各自の主観や想い、得手不得手といったものがあらわれている。ただ会社の方針として、このそれぞれの意義に関してはコンセンサスを取っておく方がよいと思う。また、その時々の方針に合わせてその重要度を設定し、行動に落とし込む事が必要です。
そして、異業種交流会では「顧客情報保護法」に関する勉強会でした。当社も「Pマーク」取得のために、現在社内の体制整備を進めている所ですが、人間が取り扱う限り「絶対漏洩しない」はありえない。ただ、人為的ミスが起こりにくい体制作り、及び重要情報であるというマインドの育成には全力を注がなければならない。これは単に自社のリスク管理だけでなく、お客様が自分の情報の取扱に対して今まで以上に大切にして欲しいというニーズがあるからです。
本当に色々と考えなければならない時代ですね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 1 =