天保元年創業の酒造メーカーに訪問しました。180年もの間、企業が
が存続し続けた秘訣はどこにあるのか?

この会社の歴史を紐解いてみる。

染物屋として創業した同社は、3代目の時に酒造業へと業種転換を
図る。

以降130年の間、酒造メーカーとして安定した継承が行なわれてきた。


そして今、醸造と発酵技術を活かした酵素、酵母による健康食品事業
が急成長の兆しを見せている。

この企業の酵素や酵母は、130年間に渡り引き継がれてきた酒蔵に
生息する良質な菌によって作り出されたオンリーワン商材になって
いるのだ。

この会社の経営理念は「伝承と躍進」。

その歴史は、まさに理念そのものであり、これに沿った経営を代々
続けてきた証が「今」を作りあげている。


他国と比較して、長寿企業が非常に多い日本であるが、こうした継承
の過程にこそこの国の文化と特質があるのではないかと感じる。

老舗企業の研究で必ずと言って登場する考え方として、「伝統とは
革新の連続」というものがある。

変化対応業とは良く言ったもので、世の中の変化に対して自社を如何
に進化させていくかがいつの時代も変わらない不変のセオリーである。

そしてその中には、変えてはいけないものと変えなければならないもの
が共存している。

理念や企業文化が進化していけば、その商品やサービスも自ずと進化
していくもので、これに付随して事業領域も広がったり変化したりする
ものだ。

理念なき多角化による異業種参入は、企業の寿命を縮めることになる。


如何にグローバルな戦いを強いられようとも、日本固有の文化を維持
進化させていくことが、これからの経営には必要なのだと思う。

その中核にはいつも「理念経営」という価値観がよこたわっているのだ。


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =