今日は朝から昨日に引き続きカスタマーサービスグループのビジネスプランの詰めの作業を行いました。
アクションプランを組み、作業項目とスケジュール、担当者を決めいよいよ始動です。
その後、箕面の山道を下り現実に帰ってきましたwww。
会社に到着後、抱えていた仕事を処理し、夕方から商談が続いていた「会社の窓から見える距離のお客様」へ最終の商談を行いました。
結果は・・・、OK!!
ありがとうございます!!
照井の提案が光りましたね~!!
その中で、あるコンテンツの詳細詰めを行ったのですが、「自社らしさ」を出す為に即興でキャッチコピーをひねり出しました。
その元となったのは、お客様との関わりのエピソード。
お客様の結婚式に招かれたり、飲みに行きませんか?としょっちゅうお誘いを受けたりと、職種的に非常にレアなエピソードの数々を元に、どう表現すれば「らしさ」が出るのか??を考えるわけです。
即決は出来ませんが、方向性はばっちり見えてきました。
キャッチコピーは、自社のポジショニングを担う非常に大切なものです。そして、それが生まれるヒントは、日常のお客様との関わりの中に隠されていますね。
最近、企業のマーケティングに関わる事案が非常に増えてきました。
マーケティング発想の原点はどこまで行っても「お客様の視点に立つ事」です。
エクストのマーケティングもここを決して外さない様に進めて行きたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − three =