今日は雑誌「理念と経営」の特別講演に参加しました。
松下通信工業を再建した木野親之先生が講演され、松下幸之助翁のお話をして頂きました。
その中で「あっ!」と思ったのが、「魔の所業」の話。
何かを目指した時、心の中に生まれる「とは言っても・・・」というフレーズ。
この言葉が浮かんだ時、目標達成は成されなくなる。
こうした心理的な壁は、私の中にもあり、度々決心をゆるがせます。そして、意思決定を狂わせ、遅らせ、ひどい時は先送りにし続けてしまう。
明日はちょうど、エクストの経営方針発表。不断の決意で方針必達を訴えなければなりません!!
こうして表に出て、色々な方の話を聞かせて頂くと、適度な刺激と情報が入ってきます。
ここ一年はインプットを抑えていましたので、明後日からの新年度はインプットにも力を注いで行きたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =