今日は、コンサルティングの年間契約を頂いているクライアント企業様の次年度方針会議を行いました。
本年度の契約内容を見ながら、今年出来なかった事などを洗い出し、次年度の計画に盛り込んでいきます。
その際必要になるのが「アクセス解析」。
最近、どの企業でも導入され、重要度への意識も見直されてきたこのアクセス解析ですが、これは長く続けてデータが溜まれば溜まるほど価値を生みます。
統計データというものは、ある程度の数字が取れないと意味を生まないものなのです。
また、年度予算の使い道もココ数年で大きく変化してきました。
WEB製作会社では、「これくらいのものを作るから○○円」という発想になりがちですが、エクストの会議では「1件の反響を獲得するのに今○○円だから、次年度はそれを○○円に引き下げよう!」という方向に話が進みます。
極端な話、ホームページを作らなくても良いケースもあるのです。
毎年、新しいサービスを色々と模索しているのですが、来年はコンサルティング分野の商品に力を入れて行く事になりそうです。
年内には中身をまとめたいと思います。乞うご期待!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =