昨日と今日は引越し準備&販売会社の展示会だった。
展示会の方はりんくうのゲートタワーホテルで、他の会社との合同で行われました。来場が70件を越え、売上も月次目標の達成ラインをキープする事が出来た。大きな紅ジャケが記念品になっているのだが、こういった記念品が来場の動機付けになる事がよくわかった。催し物は、費用対効果とその先の需要掘り起こしの両面から見る必要があるが、なんにせよ来場数は自社のパロメーターでもあるので、しっかり見ていかなければならない。
さて、引越しの都合で昨日から自社のサイボウズが覗けない状態。スケジュールや案件情報などの情報を管理しているので、これが見れないと非常に不安になる・・・。明日のミーティングの事やその後の段取りなど、毎日チェックしているので、何か落ち着かない。
情報の共有化は非常に大切な要素だ。社内の関係者が、案件内で起こっている出来事や他のメンバーの動きなどを知っているか否かは経営判断の上で、重要な要素になる。インターネットやコンピューターはこういう面で飛躍的に経営品質を向上させていると思う。
ただ、これが急に使えなくなったとしたら・・・。やはりミーティングや会議など、日ごろのディスカッションはそれ以上に重要なのだ。
会社は人なりです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =