今日は久々の出社。午後からバリューシェアGのミーティングでした。
議題は6つほどあったのですが、一つの議論でほとんどの時間を使いきってしまいました(汗)。
どういった内容かと言いますと、提供サービスの「スタンス」についてです。
新しいビジネスを生み出すとき、「ターゲットは誰か?」「何を売るのか?」「どのように売るのか?」「どれくらい売るのか?」という基本的な事は、大抵考えます。
しかし「スタンス」について、あまり議論する事はありませんでした。
ここで言うスタンスとは「言葉の定義」に近いものがあります。
簡単に言えば、
「これって何なの?」
の答えになると思います。
飲食店に例えると、和食、洋食という大枠な定義から、和風居酒屋、洋風居酒屋、創作料理、うどん屋、ラーメン屋、中華屋、寿司屋、という提供商品の分類、手打ち麺、手ゴネハンバーグ、エスニック、オーガニック、鉄板焼きなどの食材や調理法の分類などなど、多種多様な定義がなされている訳です。
自社が提供しているサービスは、どういった領域に定義されるサービスなのか?
当然ながら、これが一言で言い表せる方がお客様に取って解りやすいサービスになります。
それを明確にする為には、自社の商品サービスに疑問を持つ事が大切ですね。
「この場合、どうなるの?」「こういうケースの時、どうするのが正しいのか?」
それを決定付ける鍵は、この「スタンス」にヒントがあると思います。
一筋縄では行きませんが、考えると面白いですよ。ぜひお試しください!

コメント&トラックバック

  1. halmiz Reply

    ぁの~・・・
    質問というかなんというか・・・
    スキンのリクエストなんかしちゃったら 考えて頂けるのでしょうか?
    モノクロの風鈴素材なんかあったら「和」スキなアタシなんかは 喜んでしまうのですが。。。
    如何なモノなのでしょう?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 1 =