今日は小売会社の次年度方針を作成した。
方針作成に当たって、一年間の軸となる考え方をスローガンとして掲げる。
スローガンとは、団体や運動の主張や目標を強く印象づけるために、効果的に
要約した文章。標語(大辞林 第二版)とある。
私の場合、出来るだけ簡単に伝わるシンプルなものにしようと心がけている。
ちなみに今年の方針は「小さな事を大切にしよう」です。
4月以降のスローガンは、まだ社内発表前なので公開はできませんが、同様に
シンプルなものにしています。
何となく気になったので、過去のスローガンを調べてみると以下のように
定めていました。

安心アドバイザーに徹する・・・売り込みでなく、アドバイスを意識した年
心の革新・・・・・・・・・・・人財育成に本腰を入れた年
挑戦 2002・・・・・・・・・・新分野に取り組み始めた年
継続は力なり・・・・・・・・・前年の取組を継続した年
集中特化・・・・・・・・・・・得意顧客、得意商材に特化した年
情報の共有・・・・・・・・・・お客さま情報の社内共有を強化した年

小さな事を大切にしよう・・・・約束や身だしなみ、掃除を見直した年
振り返ってみると、その時々の課題について取り上げているのが解る。
どれだけ徹底できたかといえば反省点は多いが、過去の方針が現在の強みを
生み出していることも解った。
小売会社では、幹となる事業がどしっと定まっているので、問題解決型の
方針がしっくりくる。
エクストはといえば、とにかく一年の内に起こる変化が早い、大きい!
当然、方針の立て方もまったく異なるものになっている。
何が正解かはまったく解らないが、結局はシンプルに考えることが必要
なのだと感じる。
特に今年は難しく考えず、目の前のお客さまに納得いただけるサービスを
提供することに集中しようと思う。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 1 =