今日から東京です。昨年も参加した新春セミナーです。
今日の講師は、岡野工業の岡野社長、シチズンの梅原社長、加賀屋の小田会長。
岡野社長の人間味溢れる話は、クリエイター魂の真骨頂でした。
「ゼロからは何も生まれない!過去の何かがあったから、新しいものを生み出せた!」という実感のこもった言葉。
同時に「あれがない、これがないとか言ってるからロクなものが生まれない!」という言葉。
こうした一つ一つが、痛くない注射針、携帯電話の電池など、他社がマネの出来ない数々の商品を生み出していったのですね。
次に梅原社長は、「意思を持った人間を創る。それにはモチベーションとモラル」という言葉を残されました。
そして加賀屋の小田会長。
プロが選ぶ日本のホテル100選で27年連続総合1位という輝かしい経歴の中で、サービスの真髄を話されました。
「サービスとは、プロとして訓練された社員が給料を頂いて、お客様の為に正確にお役に立って、お客様から感激と満足を引き出すこと。」
「サービスの本質は、正確性とホスピタrヒティー。これがなければゼロ!」
「bestではないかもしれないがbetterを返すその努力が大切!」
それぞれ実践し結果を出している経営者の言葉は重い。
自分自身も今は実践の時。いつか自分の言葉が人に影響を与える事が出来るよう、結果を出していきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × four =