今日は小売会社で、バランススコアカードの戦略マップ作成に頭を悩ませました。
前回の全体会議で、社員さんからラベリングがなってない!と叱責を受けました
のでリベンジとばかりに頑張ったのですが、どうも妙案が浮かばず・・・www。
バランススコアカードでは、財務の視点、顧客の視点、業務の視点、人材の視点
の4つの視点で戦略を構築します。
バランススコアカードで特徴的なのは、
人材→業務→顧客→財務という順番に「なぜ、なぜ、なぜ」と問いかけ、
逆に財務→顧客→業務→人材という順番に「その為に、その為に」と
深堀りしていくところです。
その結果、各戦略がつながり、視覚的にメンバーへの周知が行われます。
たとえば、
————————————————————
(人材→業務→顧客→財務)
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
なぜそれを行うのか?
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
なぜそれを行うのか?
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
なぜそれを行うのか?
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
————————————————————
(財務→顧客→業務→人材)
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
その為に
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
その為に
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
その為に
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
————————————————————
それを図にあらわしたものを「戦略マップ」と言います。
このように、複数の戦略を線で結び、因果関係を明確にすることで、
本当に必要な戦略が明確になってきます。
とはいえ、これがなかなか難しい。
13年間、経営方針を作成し続けていますが、如何にやりたいことだけ
書き連ねて来たかが解ります。
特に「顧客の視点」では、自社が提供したい価値とお客さまが望む価値
が合致しているのか?に相当、頭を悩ませました。
同時に、自社の取り組みがお客さまにどんな価値を提供するのかをつなぎ
合わせるのは非常に難しいです。
財務、顧客満足、商品サービス、業務フロー、人材育成
これらに対する取り組みが、有機的につながって初めて効率的、効果的
な活動が行えるはずですが、計画時点でこれらの結びつきまで検討しき
れている中小企業はそう多くはないと感じます。
バランススコアカードは、大企業を中心に浸透していますが、実際に
取り組んで見ると、余計な事をしている暇も資源もない中小企業こそ
やってみる価値があると思います。
エクストも、やりたいことは山のようにありますが、これに取り組む
ことで、相当に削ぎ落とすことができたように思います。
昨日のブログでも書きましたが、「実行力=実力」です。
これからも実行するための方針づくりをしていきたいです。
——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————
今日は小売会社で、バランススコアカードの戦略マップ作成に頭を悩ませました。
前回の全体会議で、社員さんからラベリングがなってない!と叱責を受けましたのでリベンジとばかりに頑張ったのですが、どうも妙案が浮かばず・・・www。

バランススコアカードでは、財務の視点、顧客の視点、業務の視点、人材の視点の4つの視点で戦略を構築します。
バランススコアカードで特徴的なのは、
人材→業務→顧客→財務という順番に「なぜ、なぜ、なぜ」と問いかけ、
逆に財務→顧客→業務→人材という順番に「その為に、その為に」と
深堀りしていくところです。
その結果、各戦略がつながり、視覚的にメンバーへの周知が行われます。
たとえば、
————————————————————(人材→業務→顧客→財務)
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
なぜそれを行うのか?
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
なぜそれを行うのか?
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
なぜそれを行うのか?
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
————————————————————(財務→顧客→業務→人材)
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
その為に
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
その為に
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
その為に
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
————————————————————
それを図にあらわしたものを「戦略マップ」と言います。
このように、複数の戦略を線で結び、因果関係を明確にすることで、本当に必要な戦略が明確になってきます。

とはいえ、これがなかなか難しい。

13年間、経営方針を作成し続けていますが、如何にやりたいことだけ書き連ねて来たかが解ります。
特に「顧客の視点」では、自社が提供したい価値とお客さまが望む価値が合致しているのか?に相当、頭を悩ませました。
同時に、自社の取り組みがお客さまにどんな価値を提供するのかをつなぎ合わせるのは非常に難しいです。

財務、顧客満足、商品サービス、業務フロー、人材育成
これらに対する取り組みが、有機的につながって初めて効率的、効果的な活動が行えるはずですが、計画時点でこれらの結びつきまで検討しきれている中小企業はそう多くはないと感じます。

バランススコアカードは、大企業を中心に浸透していますが、実際に取り組んで見ると、余計な事をしている暇も資源もない中小企業こそやってみる価値があると思います。
エクストも、やりたいことは山のようにありますが、これに取り組むことで、相当に削ぎ落とすことができたように思います。

昨日のブログでも書きましたが、「実行力=実力」です。
これからも実行するための方針づくりをしていきたいです。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)

技・・・戦術を磨く(現場第一主義)

体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − 4 =