今日は、「アンケート自動集計システム」と現在構築中の「e-ラーニングシステム」の仕様確認でクライアント企業様の担当者、福島さん、内潟さん、中塚さんと打ち合わせを行った。ラーニングは年度ごとの会員制サイトとなるので、その利用可能期間や継続契約など、検討事項も山積みだ。
福島さんは、非常に物腰の柔らかい方で傾聴能力が高く、且つとっても気さくな方だ。以前から良く知っている方ですが、とてもかわいがってもらっている。
内潟さんは、会社サイト・関連会社を含めた保守で大変お世話になっており、頭があがらない方だw。
中塚さんは、最近知り合いましたが、とても熱心で興味深く話を聞きながら、慣れないインターネットのシステムを懸命に理解しようと頑張っている。
中堅大手のクライアント企業様の場合、担当者に相当の責任とプレッシャーがあり、その中で当社にお声がけ頂くことはとてもうれしい事であり、同時に責任もすごく重い。いいシステムが出来るよう最善を尽くしたいと思う。今回の担当SEは、当社取締役の高田だが、帝塚山大学のe-ラーニングシステムを手がけた事もあり、その点安心して任せられる。
打ち合わせでは、新しいビジネスプランに話がおよび、色々なアイデアも飛び出した。特にソーシャルネットワークシステム(以下、SNS)については、面白いアイデアの種も生まれた。SNSは、以前同社にビジネスプランとして提案したが、その時は採用が見送りになった。その時から福島さんがご担当者で、「あのビジネスプラン、今でもすごくやりたいんですよね~。」と本当に興味深く話されていた。
その他、ペット業界向けのマーケティングプランやビジネスマッチング・就職斡旋など、インターネットを利用したビジネスプランは、まだまだ隙間が存在すると改めて感じた次第だ。
私は、ビジネスプランの鍵は「売上モデル」にあると思っている。要は、誰からどのようにして料金を頂くかという事である。同じ商品サービスを提供しても、この「誰から」によって、大きくその成果は変わってくる。
たとえば楽天は、出展する店舗から料金を頂いている。これがもし、「インターネット通販の時代が来るから、複数の問屋を従えて自社販売しよう!」という発想で百貨店的販売方法をとっていたら、今の成長はなかったと思う。
同じように、SNSやブログなどを活用して、どう売上モデルを構築して行くのかを考えれば「似て非なるもの」、つまり同業でありながらダントツの一人勝ち企業になれる可能性があるのだ。
こういう視点を持つためには、「着眼」では手遅れ。目をつけた時には他社が専攻しているからだ。やはりビジネスは「着想」が大事だと思う。想像に着目する、つまり今までに無い手法にハタと気づく瞬間である。この時が一番うれしい瞬間かも知れない・・・。
その為には、実は現場(ねらう市場の)に目を向けなければならない。いつの時代も改善改革の種は「現場」に存在するからだ。「こうなったらもっと便利なのに。」そんな疑問が生まれたら、その時がチャンスかもしれない。
では、おやすみなさい~・・・(-_-)zzz<公開コメント


コメント&トラックバック

  1. hosoda Reply

    初めて読ませていただいたのですが、最後の部分で、日ごろ心の中で思っていたことが書かれていて、そうだ!と叫びそうになりました。
    経営者は業界の先端よりもまず自社の最前線を知らないと、と思うのです。そこで起こっている出来事を知ることは、成功へのヒントを知ることでは?と思うのです。自社の最前線を知ろうともしないで、他者にたいする器だけ大きくしたり飾って、満足していてもダメですよね。 勉強勉強です。

  2. extkinya Reply

    hosodaさん、書き込みありがとうございます!
    ブログも見させて頂きました。充実した内容ですね。
    経営者が現場に振り回されてるのは良くわりませんが、おっしゃるとおり最前線を知ることはとても重要な事だと思います。勉強は大切ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + fifteen =