今日は、お客様と共同で進めるプロジェクトの第1回ミーティングでした。
エクストからは、私、芝先、大森、井上の4名。先方からは社長さま始め7名のご参加。総勢11名のミーティングになりました。
今回は、エクストが事前に調査した市場データとお客様が持っている既存の業界知識を共有し、大まかな方向性を決定する事を目的としました。
最初は、なかなか有効な意見が出ず、進行に苦労しましたが、中盤辺りから少しずつ情報が飛び交うようになり、最後の方で今後の企画に役立つようなアイデアが出るようになりました。
当初、2時間を予定していましたが、結局3時間の長丁場となりました。
ブレーンストーミングでは、質より量を重要視します。同時に、他者の意見を否定したり、方向性をまとめたりせず、あくまで1意見として発想を膨らませて行きます。
自由な発想を引き出す為に、話が脱線したり、話題が急展開したりと、通常の会議とは一味違った形で議論は展開していきます。
ですので、進行役の役割は非常に重大です。
今回、進行役を勤めた私のデキは60点くらいでしょうか・・・(汗)。まだまだ修行が足りませんね・・・。
次の段階では、今回出てきたアイデアを元にいくつかの企画を提案します。
今回、ブレーンストーミングの事前資料は井上が作成しましたが、彼女の調査能力は大したものです。人一倍の好奇心がなせる業なのでしょうね!
——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!
△1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =