今日は朝から以前紹介した関西中堅すしチェーンのプロジェクト推進資料を作成した。中堅とは言うものの、寿司チェーンとしては大手に当たるほどの企業さまですので、内容もしっかり作り込まなければならない。その後、プロジェクトの社内関係者とのミーティングを行った。
プロジェクトを進めるにあたってスケジューリングは非常に重要な要素だ。ただ単にいつまでにこうすると言うのではなく、目的目標の明確化、管理点の抽出と個別のスケジューリング、進捗管理体制、会議の議事進行など、検討項目は多岐に渡る。仕事柄こういった案件が平行しているため、それぞれを横断してスケジューリングしなければならず、間違うと大変なことになる。
今回のプロジェクトでは、デザイナーの百田がアートディレクターとして参加する。デザインには定評がある百田だが、1年に及ぶプロジェクトにどっぷり関わるのは初めてとなる。この案件を通して、しっかり成長してくれればと思う。私もサポートして行きたい。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 16 =