今日、明日と営業研修のサポーターに来ています。
今回は、販売実習を行いました。
自社の商品サービスを10分間一方的にプレゼンテーションを行います。
何も見ずに話をするには、話す時間の7倍の知識が必要といわれますが、単純に1時間以上、自社の商品サービスを語れないと、実践で使えないと言う事になります。
小売会社の方では、毎月、勉強会とプレゼンを行っていますが、プレゼンはスキルです。練習によって必ず上達するものです。
今回は準備不足の方が目立ちましたが、真剣に取り組んでいる方は、みるみる内に上達していきます。やはり熱意が大切ですね。
私も11年前、プレゼンの練習をかなりやりました。お蔭様で、話の組み立てや内容など、ある程度まとめて話すことが出来るようになりました。
プレゼンテーションには4つの要素があります。
ストラクチャ(話の構成)
コンテンツ(話の中身)
デリバリー(話の伝え方)
プレゼンス(全体の印象、存在感)
この4つの要素を理解することでプレゼンは必ず上達します。
そして、それを練習するのに役立つのが「ロールプレイング」。
実践に即した練習を重ねる事は、あらゆる場面において必要です。
エクストでも、ロールプレイングを活用したプレゼンセミナーを8月から開催する予定です。
全員のスキルアップ目指してがんばります!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =