今日は午後から経営革新支援法の申請について打ち合わせを行った。その後、鍍金業界の社長の会社でネットワークトラブルの対応にあたり、その後、経営するもう1社のキャンペーン目標達成記念食事会を行った。
現在2つの会社を経営しているが、よく周りの方に「どんな風にしてるのか?」とか「ちゃんと目が行き届くのか?」といった質問を受ける。当然、身体は一つしかないので、それぞれに関わる時間は限られてしまう。
しかし、今回の5月から7月の3ヶ月キャンペーンでは、見事に目標を達成し、尚且つ新記録を打ち立てた。何故かと考えれば答えは明確で「任せられる人達がいて、それぞれが力を発揮した」。私の力ではなく、責任者の社員さんやパートさんを含め、どうすれば会社が良くなるのかを考え実行した結果なのだ。
私がエクストの創業期に力を注げるのも、この会社があってこそなのだ。そう思うと、本当に感謝の念でいっぱいになる。今後、一周りも二周りも成長して、次ぎの戦略を練らなければならないと感じる次第です。
今回の食事会では、予想通り女性パワーが爆発してととても楽しい食事会となった。
それと、この1ヵ月半程、松下電器の大学院卒の新入社員さんが、当社に研修に来ていた。最後の挨拶で、「良い商品を開発して貢献したい!」と発言していたが、こういった一人一人の熱意、想いが世の中に豊かさを提供しているんだなと思う。
一人一人の小さな一歩の積重ねが世の中を創っている。そう考えると仕事も楽しい。自分ってすごいと思える。そんな気持ちえお大切にしたいと思う。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − three =