今日はいよいよ明日にせまった講習の資料作製大詰め。途中、リフォモール事業部のミーティング。夜は販売会社の経営計画進捗会議。終了後、更に資料作製を進めている。
リフォモールは、サービス強化の為に今後の対策ミーティングとなり、かなり地に足がついてくるのではと思う。それぞれ意見を出し合って、よりよいサービス提供に向かって邁進中といったところです。
そしていよいよセミナー準備も佳境を迎えています。担当の玉城も今日はかなりテンテコ舞いのようで、今も会社に残って作業中との事。作製する資料に抜けがあり、「これからやります~(汗)。」とお疲れモードに入っているようだ。御苦労様です。そういう私もまだ仕事を残している・・・。
仕事をするとはどういう事なのだろう?よく職業観という言葉を耳にするが、この職業観は大きく人生に関わっている。
「人生は、「何にお金を使ったか」「何に時間を費やしたか」「誰に出会い」「何を目指したか」「そしてその目標をいかに継続したか」の総和で決まると言われています。」
これは、私の採用者向けメッセージの一節だが、私はこの言葉が大好きなんです。実にシンプルで当たり前のことが明快に書かれています。そしてこの言葉は職業観に大きく関わっています。なぜなら、「目指すもの=職業」という考え方が豊かな人生に最も近いと考えているからです。人生の中で最も時間を費やすものが仕事です。その職場に目指すものが無ければ、あるいは目指すものに近づけなければ、それはまったく楽しくない時間だと言えないでしょうか?
もし、職場が仕事が、自分の夢や目標に近づけるステージだとしたら・・・。もっと頑張れると思います。辛い時や逃げ出したい時、踏ん張れるのはその先に成功した自分を想像できるからかもしれません。喜んでいる人の顔を想像できるからかもしれません。
社員さん一人一人が自分の為に頑張れる。そして周りの人の成功を本気で喜べる。
そんな会社を創りたいと思います。感謝。


コメント&トラックバック

  1. ryon Reply

    「人生は」は、何度も読み返してしまう、とても良いお言葉でした。おのずと目指す物がハッキリ見えてきますね。時間を無駄にしないよう、日々頭の片隅に置いておきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =