今日は、いよいよSPC社の中期経営方針発表会。
予想していたより大きな会場で、この会社が積み上げてきた信頼の大きさを実感しました。
会場では、自社商品のPRブースやテーブル毎に担当の社員さんがいたり、ここまでの準備の過程が見え、全社一丸となって取り組んでいるのが伝わってきました。
全社的に同じ目標に向かう為に、こうした催しは非常に重要な事だと思います。
開会後、会長さまより、先々代の創業から合併に至り、新社長の橘田社長に経営が移行するまでの経緯をお伺いし、受け継がれてきた経営の重みを感じました。
その後、橘田社長の方針発表、各部門長の部門方針発表と、滞りなく進行され、無事、発表会が閉会しました。
前社長と、橘田社長は血縁関係ではありません。
同族経営の会社が、それ以外の方に社長を譲るには、相当の覚悟がいったと思います。
過去のデータからすると、企業は同族以外の方に受け継がれていく方が、存続の可能性が高く、成長性も高くなります。
そういう意味では、今回の改革は当然と言えるかも知れません。
しかし大切なのは、新社長が如何に過去の歴史を尊重しつつ、破壊と創造を実現するかだと思います。
そういう意味では、私も先輩を尊重する意識に欠ける部分がありますので、身に詰まる思いで参加させて頂きました・・・。
同年代の社長として、これからも刺激しあって成長していければと思います。
貴重な機会を頂いた事に感謝です。


コメント&トラックバック

  1. sky2-kitt Reply

    本当にありがとうございました!
    つたない発表でしたが、事前に計画書を見ていただいて本当によかったです!!
    (おこがましいですが)、逆に何かあったら協力させてください☆
    また大阪へいきます!!
    ではっ!

  2. extkinya Reply

    こちらこそありがとうございました!
    ぜひ協力して頂きたい事があります(^^;)!
    また連絡いたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =