本日は取締役会が行われました。当社では月に2回、この会議を行っています。通常、取締役では上記のリンクのように、
1 重要な財産の処分及び譲受
2 多額の借財
3 支配人その他の重要な使用人の選任及解任
4 支店その他の重要な組織の設置、変更及び廃止
等について話し合う事になっておりますが、当社のものは結構、通常業務レベルの事柄まで話が及ぶ事があります。
今回の会議では、
1 月次決算報告
2 次年度経営計画(売上、粗利、固定費、変動費の3ヵ年計画)
3 新入社員教育プログラムのスケジューリング
4 採用面接について
の4つが話し合われました。
当社は7月決算ですが、4月までは5%程度の営業利益を確保しています。残り3ヶ月ですが、受注状況から見て、何とか黒字で初年度を終われそうです。まだまだ油断は禁物ですが!
次年度以降の計画では、新規事業の立ち上げ効果を元に、倍販計画を立てていますが、もちろんうまくいく保障は何一つない。この成功には人財育成が必須条件だ。
という事で、新卒者向けの教育プログラムを開始する事になった。この研修は「ヒューマンスキル」と「テクニカルスキル」の向上を目的として、6ヶ月に渡って行う。各セクションには担当者が置かれるが、重大な役割を担うことになるので、気を引き締めてかからねば。入社前から教育を行い、戦力化して入社を向えるのが理想だが、人財育成は一筋縄ではいきません。
しかしこの壁を越えなければ、どんな事業であっても成功はしないと思う。コツコツと積み上げていきたいです。
企業の格差は人財格差。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − four =