今日は横浜から戻り、運送業のM社長の会社へパソコンのサポートへ。その後、M社長と食事に!
韓国鍋を食べながら経営の話、仲間の話、プライベートな話など、色々盛り上がりました。その中で、「誰にも会いたくない時がある!」という話を聞きました。いつも周りに元気をくれる社長ですが、そんな時がたまにあるというのです。
そんな時、いつも連絡する経営者の友達がいるというのです。そしてその友達は、決して否定することなく話を聞いてくれるそうです。そんな話を聞いて、自分が大切にしている友達を思い出しました。
どんな強く見えても人間は弱いものです。落ち込んだ時、しがらみや原因、過ちなどは大抵自分で気づいています。だからこそ、ただ話を聞いてもらうだけで落ち着くことがあります。
しかし自分が聞く立場になった時、なかなかそれが出来ないんですよね。俺が俺がと、自分を前に出してしまう。それが人間の器なのかもしれません。いろんな人を受け入れられる自分になりたいものです。
まだまだ修行ですわ・・・。M社長、今日もありがとうございました!!


コメント&トラックバック

  1. 運送業Mです。 Reply

    先日は、パソコンのサポートを遅くまでして頂き、ありがとうございます。
    その後に、韓国料理を食べながら経営の話、仲間の話、プライベートな話をしているうちに、まだまだ器の小さな自分をだしてしまいました...(笑) これからは、人を受け入れる高畑社長を見習って経営道に精進します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + eight =