今日は朝から幹部会議。今回は開発フローの見直しや懸案だったパッケージ化について、またASP戦略の今後について議論が行われた。
かなり活発な意見が交換されたが、一つ一つその事の趣旨を説明しながら、また各自の考え方などを聞く上で、まだまだ問題が山済みだという事に改めて気づかされました。
またここの所、非常に好調に受注が進み、自社のマンパワー不足が懸案に上がってくる。開発人員の不足が露呈し、早急に手を打たなければならないのだ。現在アルバイトの募集を行っていますが、ぜひやる気のある人財が来てくれる事を期待しつつ、抜本的な見直しも必要だ。段々とやるべき事が見えてきた感があります。
その後、案件の進捗をチェックしたり、商談のまとめをしたりしてあっという間に時間が過ぎました。
夜は、小売会社の経営計画進捗会議。前回話し合った新商材の取り組みと、まったく違う企画が出てきて会議が紛糾。もっと貪欲に「売り」を追及しなければならない事を訴えました。戦略や戦術も大事ですが、まず何よりもお客様にどんな提案を行うのか?そして売ろうという意志が強ければ強いほど、上手く行かなかった時に差が出るのだ。スタート時点の動機付けがまずは大切だと思うのです。
やる前から結果を気にしているようでは成果は出ません。お客様に喜ばれる商材なら、まずはお薦めしようと決める。そしてどうすれば提案が受け入れられるか必死に考えなければ。
しっかり練られた企画が出てくる事を期待して待ちたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 1 =