今日は朝から幹部会議。午後からベンチャーキャピタルの方と面談。その間、新しいPCに買い換えたので、データの移行をただ今も継続中。夜はハウスソリューションの清水社長と食事に行く予定です。
今日の幹部会議では3つの事について話し合いました。1つは月次決算に中間報告。11月は創業来の最高益を記録できそうだ。また資金面でも山を越え、順調に推移している。
次に新規サービス強化について、ある企業にOEM提供を打診している。その回答でOK回答が来たので、その内容について吟味しました。
最後に中途採用計画について。これについては意見が分かれる場面もあり、ディスカッションの中で中途採用のそもそもの発端について考えることができ、よい結論が出たのではと考えています。
ベンチャーキャピタルとの面談では、担当者が私と同じ年と言うこともあり、なかなか良い情報交換が出来ました。特に、投資先で失敗している企業の共通点などの事例は非常に参考になりました。やはり社長の幹部育成能力や人をひきつける魅力の欠如など、リーダーの能力不足が最大の失敗要因のようです。
そんな話をしながら、ふと自分を振り返ってみると思い当たる節がある。業績が好調な事の背景に、慢性的な人員不足がある。その事で既存のメンバーに非常に大きな負荷が掛かっているのが現状で、なかなかそこがクリア出来ない。
こういった部分の解決策を打ち出せる幹部・管理者を育てなければエクストの上場もありえない。幹部の教育体系を確立しなければいけません。仕事が山済みです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =