今日は、自然食品チェーン様にご訪問。6日に迫ったオープンに向けて最終の打ち合わせでした。細かな点を確認し、後は待つのみという所ですが、今日も高田、檜が頑張ってくれています。
また、サーバーの移行スケジュールや今後の保守、販促提案などの契約書をお持ちしました。
お客様によって様々ですが、こちらの企業様では契約書が必ず必要になります。そういった手順ひとつひとつがまだまだ標準化されていない為、業務が完了してから契約の話なんかが始まったりして、何してるか解らない状況になってます。
まだまだレベルアップしなければなりませんね。
契約書が必要になるのは、約束事を両社が認識する為だと思います。しかし、両社の関係が上手く行かなくなった時には、中小企業にとっては何の役にも立ちませんね・・・。特に大阪は・・・。
そんな事よりも、受注した業務を期待される以上に提供する事が大事ですね。本質を見失わないように粛々とやり遂げたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 8 =