広島の前田選手が2000本安打を達成しましたね!おめでとうございます!
高校野球部時代、左打者にあこがれスイッチヒッターになった私は、当時近鉄の新井というイブシ銀な選手をモデルにしていました。
そんな流れで、左の好打者が好きな私なのです。
球団を問わず、打率3割、本塁打25本、打点80くらいの選手が大好きなのです。
広島の前田選手は、現役の中で最も好きな左打者です。
天才と言われた前田選手は、足を怪我し自分のスイングが出来ない事に、自ら「前田は死んだ」と表現するくらいの完ぺき主義者。
ホームランを打っても納得できないというストイックな姿に、「侍」というニックネームが付けられたのです。
その怪我を乗り越え、18年間で積み上げてきたヒットが2000本。
孤高の天才打者と言われた所以は、プロとして「球道」を歩み続けてきたからに違いない。
さて、今私は「経営のプロ」として、何か積み上げているものがあるだろうか?
現状に甘んじて、妥協やあきらめを良しとしていないだろうか?
この先5年、10年で目に見える成果を残す事が出来るのだろうか?
経営道をもっと真剣に歩まなければいけませんね。
前田選手、おめでとうございます!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 1 =