今日は異業種交流会の会議がありました。皆さん会社を良くする為に、色々な情報を得ようとこうした活動をしているわけですが、度が過ぎると仕事に影響を及ぼしたりして本末転倒する事もあるのが実情です。
私は役員をさせて頂いていますが、ここの所、この活動に後ろ向きになっていました。理由は、お陰さまで仕事が順調で、出張や打ち合わせの時間を作り出すのに四苦八苦しているからです。
今日、会議の中で各皆さんの現状を報告する機会がありました。聞いていますと、それぞれ業界の組合や地域の役員、ボランティアなどを多数兼任されていること、仕事では新規事業を検討していたり、社員さんが辞めて業務が多忙だったりと、様々な事情を抱えている事が解りました。
「みんなすごいなぁ~。」と単純に感心したのですが、気づいたことがあります。人は、やはり自分を中心に物事を考えがちだと言う事です。「自分が一番忙しい!」とか「自分が一番大変!」とか「自分が一番頑張ってる!」などなど。
しかし、自分の事を一旦脇において、違った場所から「他の人」と「自分」を見ると、全然そんな事ないと言う事が簡単に解ります。そして、後ろ向きになっている時は、必ず視野が狭くなっています。
「これではいけない!」と単純に反省した次第です。
自分が後ろ向きになる原因は、「思いやりが足りないから」の1点に凝縮されているように思います。
「自己をはこびて万法を修証するを迷とす 万法すすみて自己を修証するはさとりなり」
こんな言葉を聞いたことがありますが、思いやりの気持ちを育てる事が「万法をすすめる」上でとても大切なんじゃないかと感じた次第です。
まだまだ修行が足りないようです。気づきに感謝です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 9 =