最近の幹部会議は、今までのアジェンダを使った形から大きく変わり、経営戦略を考えるディスカッションの場になっています。


今日は時間いっぱい使って、理念体系と目指すべき姿は何か、自社の強み弱み、機会、脅威などについてじっくりと話し合いました。


それぞれの考えていることが明確になるにつれて、自社がこれからどこを目指し、何を行うべきかがどんどん明確になってきました。


現在、特に強く意識している事のなかに、「情熱を注げる仕事か否か?」というものがあります。


創業の想いと現状は正直、開きがあります。


原点に立ち返って、「自分達が本気で取り掛かれる仕事は何か??」「本当にしたかった事は何か??」を改めて明確にし、会社全体が情熱を持って仕事に取り掛かれるようにしたいと思います。


そんな意味で、今回の幹部会議は非常に有益な時間とないました。


小幡グループマネージャーの一言がそれを物語っています。


「今までの幹部会議の中で一番楽しかったですwww!!」


どんな仕事も障害はつきものです。


それを乗り切れるかどうかは、その仕事に対して熱い想いを抱いているか?何としてでも成し遂げたい何かを感じているか?という根っこの部分にあるのではないでしょうか?


エクストは7月決算。すでに心は来期に向けて動き出しています。


熱い想いで新しい期を迎えたいと思います!


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在25冊。

「巧告」京都広告塾

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + one =