今日は住生活業の勉強会で、マーケティングセミナーを開催させて頂きました。
今回のテーマは「ポジショニング」です。
毎回、資料を作成するのにかなりの時間と労力を費やしますが、それこそが一番の学びになります。
中小企業では、お客様から見て、自社の商品サービスが同類のサービスと比較した時に、どんな位置づけの物なのかを定義している会社は少ないと思います。
業界の商品ポジショニングを作成し、自社のサービスはどこにポジショニングされているのか?
そしてそれをプロモーションの過程でしっかりと伝えられているか?
これは、販売戦略上、非常に重要な部分になります。
そして、エクストのWEB製作でも、プランナー、デザイナー、SE、プログラマー、それに携わる全員がこうした概念を理解していなければ、本当の提案は出来ません。
しっかり学ぶ組織にしていかなければならないと思います。
さて、ポジショニングを考える上で、業界内での自社の戦略的ポジションを見なければなりません。
これは、
「リーダー」業界トップシェア40%以上。価格決定権を持つ業界リーダー。
「チャレンジャー」リーダーの座を狙い、リーダーに模倣されない差別化戦略を取ります。業界にイノベーションを起こします。
「フォロアー」模倣追随。市場に認知された辺りから追随します。低価格、低収益率。主に中小企業がここに位置する。すばやく流行を察知し、次々に新商品を展開する必要があります。
「ニッチャー」隙間戦略を取り、マネをされない独自技術や領域で高収益を上げます。
それぞれのポジションに特色がありますが、中小企業が目指すのは主にニッチャーではないでしょうか?
エクストも今はニッチャーを思考しております。しっかり高収益を実現させます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + 19 =