今日はいよいよ新入社員研修の1日目でした。来年の新卒者3名に加え、現在の社員さん6名を加えて総勢9名で行いました。
1日目は下記の項目についてレクチャーしました。
———————————–
テーマ「仕事観の育成」
【働くという事】
●会社ってなんだろう?
1、企業は公器
2、企業の責任と目的
3、企業の仕組み  
4、企業の価値とは?
5、企業の価値は何から生まれるか?
●仕事ってなんだろう?
1、何のために働くのか? 
2、「動く」と「働く」の違い
3、仕事とは何か?
4、協働とは?
———————————–
ディスカッションを加えながら進めて行きました。3人ずつのチームに分かれて意見交換などを行っていったのですが、なかなか活性化した研修になりました。
今回の重要な部分は、会社に入り仕事をするという事は、まず社会における責任を果たすこと。そしてその責任を果たすためには、社会から求められる価値を他よりも高い水準で、効果的、効率的に提供しなければならないという事です。
そして働くという事は、単なる義務役割の中で行っているのではなく、自らの内面にある様々な欲求を満たす為に働いているのです。つきつめれば、それは自分の為であり、仕事はそれらの欲求を満たしてくれるものでなければならないのです。
もし仕事が、それらの欲求を満たせず、何の喜びも生まないものであれば、自らがその環境を変革していかなければなりません。自分の人生を他人任せにせず、自分の意思で自己実現していく。それが、本来の仕事の意義だと思っています。
また当社の理念である「独創・協働・挑戦」の中の「協働」についてお伝えしました。理念とは我が社の理想像であり、目指すべき企業文化でもあります。その中でも、「協働」は非常に大きな意味を持っています。
「協働」とは、共通の目的を達成する為に、お互いが自発的に協力して働く事を意味し、その共通の目的の達成が、社員一人一人の夢の達成に結びついていると考えています。
理念を浸透させるのは並大抵では出来ないと思いますが、こういった機会を作りながら、今後も進めていきたいと思いました。
終了後は全社員で懇親会を行いました。段々増えていく社員数に驚きつつ更にやる気倍増です!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − four =