今日は休日と言う事もあり、イトーヨーカドーに家族でブラブラと行く事になりました。その後、昨日書いた車の件で、ディーラーを3件程回りました。
ヨーカドーでは、ゲームコーナーで小さな女の子の行列を発見。何事かと見てみると、以前紹介したムシキングの女の子版があるではないか?!
その名もおしゃれ魔女ラブ&ベリー。どうも女の子がおしゃれやダンスなどで競い合うゲームのようだが、ムシキング同様にカードが基本になるようだ。カードゲームは20年周期でブームが来ると聞いていましたが、セガの商品企画力はすごいですね。
その後、車を買う為にいくつかのディーラーを回らせていただいた。その中で面白い事があった。大阪トヨタの住吉店に西上さんという方がいる。この方、温和な感じで少しおっとりしている
。猛烈売込みタイプは苦手だが、質問してもなかなか明確に答えられないし、どうもはっきりしない所もある。見積もりを何パターンかお願いし、大阪人らしく「もう少し安くできたら電話ください!」と言い残し店を出ました。
その後、天然温泉に行き9時過ぎに家路についたのだが、家に着いて10分後、インターホンがなった。トヨタの西上さんではないか?!「ここまでの値段が出ましたのでお知らせに来ました。どうかこの車のオーナーになって頂けないでしょうか!!」。おそらく帰ってくるのを待っていたのでは無いかと思います。
月末とはいえ、この行動力と熱意に、正直、感激した。誰でも出来る事だがなかなか実行できない事。営業会社を9年経営してればわかる。出来そうで出来ないのだ。トヨタが史上空前の利益を上げている背景には、こういった現場の積み重ねがあるんですね。世界的なブランドを構築しているトヨタの営業パーソンがそこまでしているのに、中小企業の営業がそれ以下なら勝てるはずもないだろうと思う。
新商品開発と熱意ある営業。どちらもビジネスにおいてとても重要な要素だ。当然、商品がダメなら売れるはずもないが、商品が良くても営業がダメならやはり思うように売れない。どちらが欠けても大きな成果はつかめないだろう。中小企業においてもこれらを追求していかなければならない。
精進 精進!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + nine =