新しい組織に変更して数日。
今回は、今までになく明確に役割を切り分けましたので、既存業務の引継ぎや新しい取り組みへの戸惑いなどで、混乱を予想していたのですが、良い方に期待が外れましたwww。
従来の業務を無理やり、部署間で引き継ぎするのではなく、その仕事を持ったまま、少しずつ切り替えを行っているようです。
何より、各グループマネージャーが方針に従って、各自に役割を受け渡しています。
ここ数日、しつこいくらい社内を歩き回っているのですが、今日になって各グループでの人財獲得のニーズの話を聞き、さらに今まで行われていなかったグループ別の顧客訪問活動などの報告を聞き、体制変更に対する対応の早さに関心しました。
なぜこんなに早く行動に移せるのか?
きっと、半年毎に組織変更を行ってきたからだろう(汗)。。。
常に環境を変化させることで、人は、組織は環境適応能力を身に着けていくのでしょう。
今回の組織の特徴は「未来投資型組織」です。
明日の飯の種、明後日の飯の種という未来投資部署が4部門中3部門を占めます。
かなりアグレッシブなチャレンジ型組織ですが、後戻りは出来ません。
「挑戦」 成功するまでやり続ける
エクストの理念への挑戦です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 16 =