今日は朝から先日のミーティングを実行する為に、私と樋上で住まいplusのシステム、デザイン改良のポイントを整理しました。
その際、最近流行のマインドマップを作成するソフトを利用したのですが、これが何と何と!!
すごい生産性UPを実現してくれました!!1日では終わらないかなぁ~と思っていた作業が夕方にはバッチリ完了してしまいました・・・。
恐るべし、マインドマップ。
マインドマップとは、頭の中で何となく構造化されているものを、絵に書いてみる事で整理し、更に創造性を膨らませたり、間違いを見つけたり出来る手法なのです。
ポイントは、キーワードやイラストのみで構成し、関連のあるもの通しを線で結んでいく。可視性に優れ、後からでも簡単に見直す事が出来るのです。
終了後、たまたま訪れたコウズの濱野社長に送ってもらい、大商ベンチャークラブの講演会に出席。任天堂の相談役である浅田氏の話を聞きました。
時間が短く、あまり深い話が聞けず残念でした。
しかしゲーム業界ならではの発想がひとつ。
「ユーザーの持ち時間の奪い合い」という視点。
人間の1日は24時間。
その時間を何に使うのか?これをすべての事業者が狙っているのだ。まさに業種業態の垣根を越えた争奪戦である。
皆さん、セカンドライフというサイトをご存知ですか?
海外ではかなり有名なサイトで「もう一つの人生」をネット上で送る事が出来ます。その世界の中では、実際にバーチャルな土地や車が高額で売買されるのと同時に、実際の商品を購入する事が出来たりする。
今までのネットゲームとは違い、かなりリアルに近い第2の人生を謳歌する事ができるのです。こんなのがもうすぐ日本に入ってきます。
どんどんユーザーの時間が奪われていくのです。
更に少子化が追い討ちをかけます。人口が減る分だけ、ひとり分24時間が減っていくのだ。
こういった事を踏まえて、次の時代に何に目を付け、実行していくのか?
私たちは面白い時代に生まれたもんですねwww。感謝。


コメント&トラックバック

  1. KaZ Reply

    secondlife、やってみてますが、なかなかハマリますよ。。
    回線速度の問題がクリアになれば、インターネットの世界そのものが3D化するかも、、、とさえ思わせられます。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =