今日は関西中堅小売業のビジネスプランについて3ヵ年の損益、貸借、キャッシュフローの資料作りをしました。夜は、小売会社の方の経営計画進捗会議でした。
3ヵ年の数値計画はなかなかてこずりましたが、何とか完成。数値計画達成の為の具体的な計画はまだまだ不十分だ。ビジネスプランはその実効性を問われます。頑張らねば!
小売会社の会議では、1月のキャンペーンと展示会について話し合われました。その中で営業部長がとても良い事を言ってました。
「お客さんの前では、大きな声でハキハキとしゃべらんと売れるものも売れない!」
当たり前の事で、今さら何をと言うかもしれない。でも、お客様と直接商談を進める中では、こういった事がとても重要で、大切な事だと思います。
IT系の仕事をしていると、戦略やテクニックなど難しい事をいいがちですが、実際に人と人とが語り合う場では、こういう事が実は決め手になったりするものです。私の強みは、自分自身がモノを売ってきた、一般の消費者に方々と直接関わってきた事です。
インターネットは通信かもしれませんが、それを利用するのは人間です。こういった現場の感覚を忘れないようにしたいなと初心に返ることができました。
大収穫でした。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =