今日は新入社員研修の1日目。テーマは「マナー」。講師は樋上だ。
まだ入社して間もない樋上ですが、5時間のセミナーをかっちりやり遂げるスキルの高さ、そしてモチベーションの高さに驚きです!セミナーの最後で何故マナーを大事にするのかという話をしていましたが、「エクストの理念でもある「協働」を実現する為にはマナーはとても大切な事なのです」というくだりには思わずグッときました。
社員さんが自分の言葉で理念を伝えてくれている。これってすごい事だと思います。本当に任せて良かったと感じる事が出来ました。ありがとう!!
セミナー終了後、新卒で4月入社の柴田、屋方、1ヶ月間のインターンで来てくれている菊岡さん、横田さん、そして本日の講師の樋上と専務の芝先で懇親会を行いました。それぞれがどんな事を考えているかや私の想いなんかを話しました。
私は毎回、色々な質問をするのですが、今回は「努力は天才を超えるか?」という質問です。皆の回答は「越える!」というものでした。前向きでいいですね!でも私の考えは「越えることは出来ない」です。
潜在的に才能を持っている人とそうでない人がいたとして、同じ努力をしたら、永遠に越える事は出来ないでしょう。そんな事よりも問題なのは、こういう質問をすると「自分は天才でない」と言う事を前提に物事を考えてしまう事だ。
人は何かしら他よりも優れた能力を持っていると思います。その事に気づけば、それをどんどん伸ばしていけばいいと思うのです。要は物の見方、考え方次第で、人生って大きく変わると思うんです。
結論、「みんな天才でみんな凡人」です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + one =