今日は朝から出社せず、次年度方針の作製に取り掛かった。エクストの決算は7月。今期はまだ4ヶ月が過ぎた所だ。かなり早いタイミングに思えるが、理由は2つある。
一つは昨日のブログに書いた通り、現状で上手く行ってない部分を早急に改善する為だ。下半期の方針見直しには絶好のタイミングだ。半期の計画を見直すということは、当然翌期以降の計画にも影響を与える。
もう一つは中期経営計画の前倒しを検討しているからだ。こちらも以前から書いている通り、スピーディーな成長戦略を構築し、いち早く次ぎのステージに上がりたいと思っている。
11時間ぶっ通しで方針を練りこんだが、30%くらい完成した。かなりまとまってきた感がある。最も時間を掛けたのは組織の見直しだ。効率的な組織、成長に耐えうる組織を考えると、色々な選択肢が出来て、今、最も適した形はどれだろうかと悩みに悩んだ。しかし、8ヶ月前に検討した組織と違い、かなり前向きに考えられたのが良かった。何故かというと、新しい人財が力を付け、また新戦力もどんどん入社しているからだ。本当にうれしい限りだ。
但し、その時考えた組織が上手く動かなかった理由も忘れてはならない。予想通り進まなかった部分をしっかりと把握して盛り込まなければならない。
1月中には発表し下半期に備えたいと思う。熟孝。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =