今日は、昨日に引き続き、起業家クラブで発表する経営計画書の見直しを行いました。もちろん発表のためにするのではないが、いい機会をいただいたと思う。
3ヵ年の経営方針と数値計画、それを実現する為のビジネスプランを一気に見直した。今期は1月で半期を迎える。お陰さまで、昨年度の売上はすでにクリア。元々、今期は200%の売上計画を掲げていたので、計画通り進んでいるといえる。
しかし、内部では問題が山積み。早めに修正していかなければ、あらぬ方向に向かってしまう。ということで、下半期より組織を見直す。また、今後の人員増加と業務のレベルアップを目指し、人財育成プランをしっかりと計画に盛り込んだ。また、成長スピードを高める為、かなり大きな投資をする事にした。
方針を作成しながら感じた事は、自分がいかに中小企業的発想に慣れてしまっているかだ。今までは、積み上げ式の計画、現状から見た3年後しか描いてこなかった。しかし、急成長を目指すと、今無いものを計画し、それを実現する為には、何をしなければならないか?そして、いくらの資金が必要なのかを今まで以上に考えなければならないのだ。
「そんな夢みたいな計画、上手く行くの?」と言われるような計画。そして、「こうやって実現します!」というビジネスプラン。
経営者は常に自分の意思決定に大きな責任を背負っている事を忘れてはならない。慎重に、そして大胆に!社員のみんなが夢を抱けるような計画。
難しいですが、チャレンジします。やったるで~!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 11 =