夜、テレビを見ていました。
もし世界が100人の村だったら・・・
14歳で病気の母親と2人の弟を養う為にゴミの山で働くマニカ。
食事は3日に一度の米だけ。
その子の言った一言に言葉が出なかった。
「二人の弟を学校に行かせて、ちゃんとした仕事について欲しい。それが出来るなら私はどうなってもいい。」
大事なものを失っているのは、自分なのかもしれないです。
それ以上、何も思い浮かびません・・・
今に感謝しなければ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + seven =