今日は朝から面接1本。特殊な業界の方ですが、なかなか有望な感じでした。毎日キャリアナビで中途採用していますが、良い感じの人が多い印象でgoodですね。
その後、住生活研究会(仮称)の会議に出席。住宅関連の企業様が集い、勉強会や情報交換、ビジネスマッチングの機会を提供する研究会になります。
皆さんが議論してきた事を踏まえて、AWSの小浪さんが資料にまとめて方針を打ち出してくれました。
しかし私の中に疑問が・・・。
口頭で受けた説明と、資料に書かれた概要図がどうも繋がらない。重箱をつつくような質問をして申し訳なかったのですが、会の趣旨や位置付けが腑に落ちなかったのです。
参加した方々から見れば「どうしてそこにこだわるのかな?」という感じだったと思いますが、異業種交流会の理事役員を7年もやってきましたから、その曖昧さが後々、大変な事に結びつくのが想像できました。
知らない方は直感的に、資料、特に図に描かれたものをイメージとして捉えます。そこで趣旨が間違って捉えてしまったら・・・。こうした会の運営は、非常にデリケートですから些細な事まで気を配らなければいけないのです。
伝わったか心配ですが・・・。
終了後、小売会社の経営計画進捗会議。1月の取り組みを協議審議。そして2~3月のキャンペーンの協議。良い感じの企画がまとまっています。徐々に精度も上がってきました。
こうした活動をこの10年続けてきたことが、今の私の血となり肉となっています。エンドユーザー様との直接商売は、BtoBにも大いに活かされるノウハウです。
明日も面接、ミーティング、面談、打ち合わせ、会議と予定びっしりです。頑張ります!


コメント&トラックバック

  1. 小浪です Reply

    高畑社長、会の在り方についての大切な忠告ありがとうございました。
    あの忠告を受けた時、一瞬高畑さんがすごく大きな存在に感じました。
    やはり今までいろんな形で学んできたものが滲みでてくるようになったのでしょうね。
    これからも忌憚ない意見お待ちしております。

  2. extkinya Reply

    こちらこそ生意気いいました!
    またゆっくりメシでも行きたいですね。
    よろしくお願いいたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − fourteen =