昨日、今日と所属する異業種交流会の全国大会が神戸で行われました。全国から990名が参加されました。テーマはリスクマネジメント。様々な角度から企業経営におけるリスクの勉強を行いました。私は運営のお手伝いという事もあり、全てに参加する事が出来ませんでしたが、とても大切なテーマであると感じています。
神戸とリスクマネジメントというと思い出されるのが阪神淡路大震災。1月17日5時46分。忘れる事が出来ない日です。
震災当日、私は新婚旅行に行く為に朝早く起きて歯を磨いていました。大きな地鳴りと共に、体験した事もない揺れが襲いました。1回目の揺れから数分後、揺れ戻しの為、更に地震が続きました。当然ながら旅行は中止。後ほどのテレビ中継で阪神高速が倒れているのを見た時の衝撃は忘れられません。私の住んでいた地域の震度は4。神戸の震度は7。いかほどの揺れであったかは想像することも出来ません。
今回の勉強会の中で印象的だった言葉は、「たった一秒先も予知できない人間の限界。」という言葉です。あまりにも深い言葉であり、単純に結論を出す事ができません。
最後にお伝えしたい情報があります。神戸には防災センターという施設があります。こちらには震災についての情報がたくさん展示されています。震災の状況を伝える映像や手記などが多々あります。
そこでは、ボランティアで多くの方が働いておられます。そちらで会場係をされていたボランティアのおじさんは「私たちは震災の真実をぜひ多くの方に知って頂きたいと思っているんです。」とおっしゃっていました。すごいビジョンだと思います。
神戸にお立ち寄りの際はぜひお立ち寄り頂きたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + twenty =