今日はお昼過ぎに、名古屋出張から帰社し、たまっていた仕事を一気にやっつけた。
出張疲れを癒そうと早めに帰宅するつもりだったが、油業界の社長から電話があった。どうやら新築した家の電球が2~3ヶ月で切れてしまうらしい。という事で夜20時半に見に行くことになった。
原因は、過電圧だった。日本の電圧は100Vという事は皆さんご存知だろう。でも実際には、95V~107Vの範囲でばらついています。家の立地環境によって変わりますが、100Vを超えてくると過電圧という事になります。これは、電気事業法に定められた範囲で誰が悪いわけではないのですが、当事者からすればいい迷惑です。
解決策は4つ。
1つ目は、110V対応の電球に変える事。普通に買うと「100V60W」とか書いてますが、「110V60W」に変えれば長持ちするようになります。
2つ目は、電球を「電球型蛍光灯」に変える事。
3つ目は、電圧を抑える制御装置を取り付ける事。これは一般家庭ではあまりお勧めできません。
4つ目は器具を蛍光灯器具に変える事ですね。
電球が切れやすい方はぜひお試しください!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − nine =