今日は人財開発グループの樋上と新卒者向け会社説明会などの詳細打ち合わせ。採用までの流れの資料を作成しているのですが、その細やかな内容に安心しました。後は私が熱く語るだけですwww。
夜は異業種交流会へ。アメリカ村で「スタスタ」というフリーペーパーを発行している大森さんを招いての講習会を行いました。
実践的なノウハウが満載でしたが、特に考えさせられたのが、情報を届けるタイミング。お客様が自社の広告媒体を見た時に、話題になって周りの人に伝えるようなアクションをおこしやすいのはいつなのか?という事です。
経営幹部は「誰に」「どこで」「どんなものを」までは考えるのですが、「どのように」や「いつ」という実践部分は苦手だとの事で、自社の広告媒体を見直すきっかけを頂いた感じです。
もう1点、感じた事は、紙媒体の広告は如何に目を引くか?そして、何が伝えたいかが明確にわからなければ意味がないという事。参加者が持ち寄った広告を見比べていると、説明をしてもらわないと何が言いたいのかさっぱり解らない広告が多かったように思います。
たとえば、資料請求をして欲しいのなら、興味のある方がどういうステップで資料請求すれば良いかを解りやすく書かなければならない訳です。
エクストはWEBデザイン、システムに特化した事業を行っておりますが、こういうノウハウは共通ですね。すぐに実践できるノウハウを頂き感謝です。
大森さん、ありがとうございました!


コメント&トラックバック

  1. KaZ Reply

    いや~。。恐縮です。
    言うのは簡単で、実績をこつこつと積み上げるのはとても大変なので、まだまだ試行錯誤している途中報告をさせて頂いたのに過ぎませんが、若輩者の言葉の中にも、万が一得るものが無いだろうかと真剣に聞いていただいた経営研究会の皆さんの人間性に色々と学ばせていただきました!
    夜は家に泊めていただきまして、とても嬉しかったです!
    僕もこんな家に住みたい!犬を飼いたい!と、早速感化されておりますwがんばります♪

  2. extkinya Reply

    とても良い内容でしたよ!ありがとうございます。
    また何時でも遊びにきてくださいね!!!携帯忘れないように。
    お互い頑張りましょう~!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 1 =