何とか形が見えてきました

今日は、自然食品チェーンさまとの打ち合わせです。
体調を壊されていた阿部さんも元気に復帰されていました!
今回は、ECサイトとオフィシャルサイトの細かい部分を煮詰めて行きましたが、ここまで来るのに2ヶ月!本当に色々ありましたが、ようやく中身の話が出来る段階になりました。長かった・・・(涙)。
しかし、企画1ヶ月の予定が2ヶ月に延長になり、当然ながらやりたい事がどんどん膨れ上がり、当初の予算を大きく上回る見積もりになりそうです。
ここからは当初予算通りで構築できる範囲と、追加機能やコンテンツを取捨選択する事が重要になってきます。大切なことは目的達成のために必要なものとそうでないものを分けると言う事ですね。
コストには、「利益を生み出すコスト」と「利益を妨げるコスト」がありますが、利益を生み出すものの中にも「貢献度」の違いがあります。この判断は非常に難しい所ですが、こういう時こそ培ってきた経験、ノウハウがものを言います。後は直感で、感じるも重要です。
いよいよ前半戦の最終局面。もう一息頑張ります!


裸の付き合い!?

東京出張3日目です。
今日はsky2の橘田社長と食事に行きました!
以前からたびたび食事などで交流を深めていますが、今回は錦糸町で焼肉&サウナで一泊コースで友好を深めましたwww。
やっぱり裸の付き合いはいいですね。なんやかんやと長時間にわたり情報交換をさせて頂きました。橘田社長は私より若いですが、かなり堅実&アイデアマンで、業績をガンガン伸ばしている優秀な経営者です。
話をしていると、その発想の良さに「こりゃ負けてるな~」と素直に思ってしまいます。
こういう同年代の経営者との交流をどんどん深めていきたいです!


ビジネスモデルになるか?!

今日は自然食品販売チェーンさまへ打ち合わせに。
ここまで約2ヶ月、打ち合わせを重ねてきましたが、ようやく形が固まってきました。担当者の阿部さんが体調を崩されて今回は欠席され、少し心配ではありますが、もう一人の担当者の鈴木さんと確認作業を行い、社長へのプレゼンテーションに移りました。
今回の案件では、3年後のあるべき姿の為に、今何をすべきかを企画する予定で進めていましたが、この2ヶ月の中でどんどん3年後の姿が明確になり、今すべきことと未来の境界が不明確になっていました。
そこで、もう一度方向性を確認し、今回の企画および製作物の意図を説明し、無事に基礎案のご承認を頂きました!
と言いましても、この後、いくつかの追加機能やコンテンツを加えて、最終のお見積もりを提出しなければならない。もう一息です。
ところで、3年後のあるべき姿ですが、上手くいけば面白いビジネスモデルになりそうです。これからかなりの広がりを期待できる市場になります。その為には、売上モデルを中心とした収益性の確保がポイントになります。
しっかりと検討して、すんごいビジネスに成長させたいですね。がんばります!


ディベート大会

異業種交流会の東京大会にやってきました。
昨年は全国規模で開催されましたが、今回は少し小さい規模で開催です。
予選から準々決勝までの4試合連続でジャッジをしましたがバテバテになりました・・・www。
今年のディベートは「政策ディベート」といい、現状の政策に対して、今応えられないニーズに対応した政策や、問題点を解決する為の政策を肯定側が提案する。否定側は現状維持やその政策が有益でないなどの反駁をします。会社の議論で使える手法ですね。
私が所属する南大阪チームはみごと準優勝しました!
終了後は打ち上げに。あれやこれやと盛り上がり2次会へ。最後にざるそば食べて帰りました。久々に楽しいひと時でした!


それぞれの人脈構築力

今日から東京出張です。朝から必要業務を済ませつつ、自然食品チェーンの担当者様とチャットミーティング。あれやこれやと意見を交換しつつ、29日の打ち合わせの準備を着々と進めております。
お昼頃、一本の電話が。昨日のブログで書いた柘植さんだ。
柘植さん 「社長!昨日はありがとうございました!今日はお忙しいですか?」
私 「忙しい。」
柘植さん 「お昼は食べられましたか??」
私 「それは昼飯おごれって事か・・・(汗)」
私 「ほんで今どこにおるねん?」
柘植さん 「エクストの近くにおります~!!」
という事で来社・・・。その後、昼食に・・・。
私 「何食べる?」
柘植さん 「ラーメンがいいです!」
という事で金龍ラーメンに・・・。
ラーメンをすすりながら、あれやこれやと会社の状況や人財育成に対するポリシーなんかを話す。柘植さんは「ふんふん!へ~!す~ごいですね~!!」といつも聞き役。
食べ終わり解散。何も売らず、何も提案せず帰って行きました!
ここが柘植さんのいい所なんですね。親密性を高めるような事を、物怖じせずにどんどんやって来る。取引先の社長を昼飯に誘える営業パーソンはどれくらいいるでしょうか?そして、情報をどんどん引き出していく。企画サイクルの「情報活動」だ。
ビバ柘植さん。えらいっ。
さて、これから東京に向けて移動です。